北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

カザフスタンのチョコレート



最低限の生活は出来るものの、

離婚成立までは、毎月数万円の赤字で暮らす「元お嬢様育ちのリンカ様」だが、

このところさっぱりチョコレートを口に出来ない哀しみから、

少々鬱気味になっていたので、チョコレートの思い出話をしたい。

 

ワタシと同世代の方ならば子供の頃はそう簡単に親からチョコレートをもらうなぞという事はなかったはずだ。

我が家は自営業だったため、サラリーマン家庭よりは比較的食事は豪華な時は豪華だった。(年末年始は母のつくるお煮しめやおせちのほかに荒巻鮭一本、お屠蘇(と言う名の八海山やレミーマルタン)と近所のお寿司屋さんからとる家族人数分のおひつでくる特上寿司、デパートで出始めたデパ地下惣菜、そこにお歳暮のハムや文明堂のカステラなど、もう何でもアリだった)普段口にするものは特段豪華でもなければ質素でもない、三陸の生雲丹をいただくのも、カップヌードルをいただくのも日常の風景だった。

とはいえ、普段遣いのチョコレートとなると話は別だった。

そもそも両親ともに

「チョコレートは歯に悪い。食べると鼻血が出る。」

というよくわからない民間信仰の信者だったので、チョコレートが家に在る際には兄弟での争奪戦になった。たった一枚のロッテのガーナチョコの何分の一であるひと切れが欲しい為に、一所懸命洗濯物をたたみ、お風呂掃除を請け負い、玄関をはいた。

 

小学生の時はミルクチョコレート、中学生でブラックチョコレートの美味しさを知り、高校卒業になるともはや様々なチョコレートが溢れかえり、いろいろな意味でバブルに突入すると、チョコレートはもはや、高嶺の花ではなくなっていた。

 

 

夫の仕事の帯同で欧州に行くと、そこはもちろんチョコレート天国だった。

欧州は何世紀も前からカカオ豆や砂糖のプランテーション化に成功していた為、呆れるくらいの量や種類のチョコレートが年中無休で店頭にあふれている。

ヴァレンタインには男性から女性にチョコレートの詰め合わせとワインと花はすでにセットになっているし、

復活祭ではイースターエッグとバニーのチョコ、クリスマスにはバケツ大の箱に入ったチョコレートを小さな子供やお年寄りまで、レジまで抱えていく。

ショコラティエショコラティエールのいるようなオシャレなお店では、チョコ・ファウンテン(チョコの噴水)から湧き出るなめらかなチョコの質感にしばし見とれた。

そんな土地に何年も住んでいたので、毎日のようにチョコを食べていた(気がする)。

 

だけどどんなに高いフランス産のチョコやミルク感が素晴らしいと評判のスイス産のチョコでも、ワタシは満足出来なかった。

日本のチョコのようななめらかさや上品な甘さというクオリティを、100円相当の値段で実現出来ている日本の技術に改めて驚いたのだ。

 

そんな失意(?)のなか、ドイツにいる時に息子を連れていったロシア系スーパーで奇跡の出会いがあった。

(余談だがそのロシア系スーパーの駐車場で売っていた豚のシャシリーク(肉の串焼き)が息子の好物で時々行っていた)

たまたまチョコレートを欲しがった息子が、なにやらイスラム風な美しい青いアラベスク模様のパッケージの板チョコを持ってきたので、何も考えずに買い物カゴに入れ、会計を済ませ帰宅した。

家についてしばらくすると、

息子の感嘆の声が。

 

「お母さん!!このチョコレート、すごく美味しい!!」

 

勧められるまま、一欠片を息子からもらい口に放りこむ。

 

・・・・・ん!!!(ウ)ンマイ!!!!

 

パッケージを見せてもらうとキリル文字で「カザフスタン」と読めた。

知らなかった、カザフスタンのチョコレートがこんなに美味しかったなんて!

欧州のチョコはどれも結構脂っぽく、ただ甘いものが多い。

そのチョコはまるで日本のチョコレートを食べているような懐かしい味でした。

あっさりしたブラック系で、甘すぎず脂っぽくなく、本当に美味しかった。

 

ドイツにも「猫の舌」という名前のチョコや、スイスのリンツなぞという美味しいチョコレートはあったけど、息子と二人で台所でかじって微笑み合った、カザフスタンのチョコレートは何故か忘れられない。

(それから何度そのスーパーに行っても、同じチョコレートがなかったので母も息子も非常に悲しんだ)

いつかウラジオストークに2泊くらいで旅行に行こうと考えてるので、

そこで漁ってこれたらいいなあ、とも考えている。

 

(でもカザフスタンがどんなところなのかも知らない。一度カザフスタン人に間違えられただけである)

 


f:id:katrinka:20190725211144j:image

 

確か、このパッケージだったように思う。

息子に確認するも、もうほとんど忘れた、と言うことだけど…多分、コレ。

スープで小腹を満たす作戦

16時間断食ダイエットのおかげで、だいぶ下腹部の張りが解消されつつあり、

1食分の食費もダイエットになり、

まあまあ良い相乗効果という感じだろうか。

 

現代人は「栄養過多」である、という記事のそのまんまを信じる訳でもないが、言いたい事は分かる。

我々のご先祖は分厚いステーキも真っ白なご飯も、もちろん3食も食べていたのかという疑問を持つ所からワタシのダイエットは始まったけど、

そこは食い意地のはったオバサン、

食べ物の「ニオイ」は敏感に嗅ぎつけてしまう為、なかなか自分に甘い生活改善がなされない。

職場で皆がお菓子のおすそ分けなぞしてくださる時は

決して断らない。と言うか断るつもりがナイ。

こうしてお昼にお弁当をお腹いっぱい食べたのにもかかわらず、

次の瞬間にはチョコレートの欠片を蛇の如く丸呑みしている。

(昨日も30%オフになっていたケーキなぞを買ってしまった)

 

16時間断食ダイエットは、自分の一番苦しくない時間配分でやっている。

午後8時までには夜の食事を終え、次の日のお昼まではお茶や水以外は口にしない。

仕事のある平日はそのまま仕事をしていればツライ事はほぼナイ、というか

気にしないでいられるくらい忙しい。

 

苦しいのは週末で、

お昼まで何かをしていないとかなり空腹が気になる時がある。

こうしてブログを書く。

読みたい本を図書館に探しに行く。

アーシャと遊ぶor遊んでいただく。

(食材以外の)買い物に行く。

英語の勉強をする。

Googlemapで世界一周をする。(最近はウラジオストクオデッサに行った)

部屋の掃除をする。

お弁当に詰めるおかずの作りおきをしておく・・・

 

 

こうして挙げていくとやらなくとも良いこともあるが、

やることって意外とあるもんだ。

 

お昼にやっとご飯にありつけると、そこからもおやつの誘惑に勝たなくてはいけない。

 

そんな時は少し「柿の種」や「小粒あられ」をいただく。

バナナなども食べる。

今日はなんだかまだ少し喉がヒリヒリするので、温かいものが欲しい。

 

と言うことで、ワタシの好きなコーンポタージュを作ってみた。

 

f:id:katrinka:20190721095201j:plain

 

これを「作った」と言い切れるダメ主婦ですが、

キャンベルスープが好物のひとつ。

これにコーン缶を1個全部投入し、コーンを食べているのかスープを飲んでいるのか分からない感を味わうのが至福の時です。

 

コーンスープは中国の粟米湯(コーンスープ)から、クノールの粉状のものから作るインスタントスープまで、

なんならファストフード店のコーンスープすら、

全部愛してる。

アメリカ文化はあまり詳しくないし、好きでもないけど、

コーンスープに関してはアメリカ人でもいい、と思っている。

 

ちなみにイギリスにはポテトとリーク(ポロ葱)のポタージュスープという、

気の利いたカフェなぞに大抵ある美味しい定番スープがあったが、

これはフランスのボンヌ・ファムというスープがオリジナルらしい。

(イギリスには歴史的・地理的にもフランス料理がオリジナルというものが少なくないがそのどれもが美味しいのは、さすがフランスというべき)

 

さて、今日のデジュネ(お昼ご飯)はトマトソースのパスタと

ディネ(夕飯)は鮭のみりん焼きがある。

(何故かフランス語)

つなぎとしてコーンポタージュがとても楽しみなお気楽なワタシ。

 

冒頭でも言ったように下腹に関しては自分で変化が分かる。

有り難いのでダイエットはもう少し続けよう。

そうすれば何年も前に入らなくなったスカートが着られるようになるかも。

 

 

道のりは長そうだけど・・・

指がこわばるので・・・魔女のオイルふたたび。

土曜出勤でテンション激低いけど、

なんとか頑張った一週間。

 

でも、なんかしっくりいかないのは、

指の動きが悪いせい。

 

 

母親のせいにするつもりでもナイけれど、

遺伝的要素でリウマチ因子があるというワタシは、

最近朝起きると左手の指がこわばるようになった。

 

はじめは朝だけだったのが、

徐々にときと場所を選ばず、

鈍い痛みは左手指先まで侵食してきた。

 

仕事で入力しているときも、

電車でつり革につかまるときも、

ご飯を食べているときも、

 

痛みに耐えかねる、というものでもないが

鈍い痛みが若干、イラッとする。

 

さて、お金のない(正確にいうと未だ婚姻費用の払われない)こんなワタシの生活においての怪我や病気の味方と言えば、

 

アロマです。

 

 

f:id:katrinka:20190720205026j:plain

(上の写真のオレンジミントは実は先月一度枯れたけど、数日後謎の復活を遂げたモノスゴイ生命力を持った子。梅雨のはしりが苦手だったのかも)

 

以前、このブログでも紹介させていただいた魔女のオイル。

 

katrinka.hatenadiary.com

 

これにレモングラスとミントを気持ち多めに足して、塗布をする。

 

・・・・まあ即効性はありません。

 

ないけど、

なにもしないよりはマシ?

 

 

今回もしばらく様子見してみます。

なんでもかんでも化学的な薬に頼るよりも、

自然治癒力を促してくれる(と信じてる)精油に今回も頼ってみる。

 

人には勧めないケド。

(やっぱり病院は必要)

 

 

お金が手に入ったら病院には行かなきゃね。

 

でもこうして精油をいじくりまわして楽しいのも事実。

 

今週は風邪気味でしたが、結局エキナセアカモミールのジンジャーハニーティーで治しました!!

(初日の熱37・6度、喉痛、鼻水少々⇨2日目にはほぼ完治!! やっぱりエキナセアすごい!!)

 

こう考えると、市販薬がいいのか、病院での処方箋か、はたまたハーブとアロマか・・・

 

コスパがいいのはもちろん医者の処方箋。

ハーブやアロマは何気に値がはるものもある。

市販薬は効かないし高い。

 

それを考えるとハーブやアロマは少々貧乏人には贅沢な治療なのかしら?

とは言え、今一通り必要なハーブや精油を持っているので、

ほとんどコストはかからないから、まあいいのかな?

 

日本では「魔女」するのも、お金がかかるのだ。

(好きだから投資も苦にならないけど)