北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

【北総物語】廃病院 / 雄蛇ヶ池【ほんのり怖い話】

弟の友人から聞いた話ですが、

廃病院のほうは場所を特定しないようにボカシています。

(現在、その地区は新しい鉄道が敷かれ、再開発地区として目覚ましく発展中)

 

弟の友人K が中学生の頃、部活の先輩たちが数人集まって隣町の廃病院に真夏の夜の肝試しに出かけた。

そこは市境で、私達がその場所を後日確認した際には倉庫街を抜けてポツンと建っている。

夜になり、国道そばの橋のたもとに集合して自転車を病院入り口に置き、

懐中電灯を持って中に入った。

先輩たちは数人で固まりながら1階、2階と進むが、

思っていたほどの衝撃的な展開はなく、中もキレイに整頓されていたため、

ただの「見学」状態だった。

 

とうとう最上階も探検が終わり、さて帰るかというまさにその瞬間、

 

「ふうううううううううう」

 

と大きな風のような声のようなものが院内に響き渡ると、

もう誰もが脱兎の如く階下へ走り出した。

その中の一人が恐怖にこわばり、足をとられて1階の廊下で転んでしまったが、

友人達に助けられながら皆、なんとか病院の外に脱出し、

自転車で明るい国道に向かうと一番近くのファミレスに直行した。

 

扉で出迎えたウエイトレスさんは、

彼らを見てものすごい形相でこう言った。

 

「救急車、呼びますか?!」

 

彼らはキョトンとして顔を見合わした、とその時、

一人の友人のTシャツにギョッとした。

廊下で転んだ友人のTシャツが、ドス黒い血がべったりとくっついていたそうだ。

そこから通報され、先輩たちは警察、病院、家族と様々に頭を下げる羽目になり、

散々な肝試しになった。

 

余談だけど、その話を聞いたすぐ後にワタシは弟と車で現場を通りかかったが、

日中に見るそれは別段なんの不思議もない廃病院だったし、周辺には民家もあったが、数年も経つと取り壊されて、現在は民家も立ち退き、某鉄道がその真上を走っている。

 

この話をしてくれたKは、自分でも相当な恐怖体験をしている。

Kは同じ専門学校仲間の友人達3人で車で千葉県の有名な心霊スポット、

「雄蛇が池」に向かった。

真夜中で、あたりは街頭もなく本当に真っ暗だそう。

Kと友人たちは近くの道に車を止めて、ヤブをすすんで池を目指したが、不思議に事に真っ暗なヤブの中に何故か池だけがハッキリ見える。

近くまで行くと正体が判り、3人は急いでヤブを逆戻りした。

池の上にいくつもの火の玉が飛んでいたそうだ。

逃げるKの足を掴んだモノがいた。人の手だった。

夢中で振り払い、必死で車に乗り込むと皆一言も口を聞かずに街まで走ったという。

 

Kはその後、地元を離れた。現在は都内にいるらしい。

弟の話によると、Kと一緒に池に行ったうちの一人が少し変な事を言っていたそうだ。

Kともうひとりは車を運転していたのはG君というクラスメイトだという共通の記憶だったが、G君は「行った記憶がない」と言った。

それどころか、当日は彼女と一緒にいたとまで言い出した。

 

どちらが嘘で本当なのかは、知らない。

 

 

 

肝試しというものを最近はやるのかしら、と思い

以前聞いた話を書いてみました。

 

雄蛇が池に関しては北総ではないけれど、千葉県では心霊スポットとして有名なのでボカす必要はないかな、と思いそのまま記載しました。

釣り場でも有名ですね。

夕焼け同盟(in廻るお寿司)

いいかげん仕事辞めたい・・・

(と言い続けて、ホントどのくらい経っているのかな、と思いつつ振り返るとすでに一年近くは経っている。なかなか実行出来ないのはモチロンこの歳で離婚するからだ。すべてがクリアにならないと落ち着いて転職が出来ない不器用なワタシ・・・複数タスクを同時進行でこなせないタダのおばさんです・・・)

 

月初は息が出来ない感覚に陥るほど、目が回る忙しさ。

なんで単なるパートがこんなに忙しくて、社歴30年のオジサンが定時であがれるんだろうね〜?この会社!!

モチロン窓際族(懐かしい)だからだが、窓際でもワタシタチの5倍は給与が出ていて当然見合った賞与も出る。仕事してない、就業時間中はPCでゲームしたりネットニュース見たりして暇潰してる人に払えるお金があるのにワタシタチの給与は雀の涙・・・なんか世の中オカシイでしょ!!!

 

イライラはまだある。

早く調停終わらせて自由の身になりたい!!

「浮気は離婚の理由になりますが、モラハラは実態が見えない以上、性格なので離婚理由の中では曖昧な位置になり、リンカさんの思うような結果にはならないかも知れません。」

調停員さんはこういうけれど、

わたしはただ、婚姻費用を請求しただけなのに、話を混ぜっ返し、

嘘や虚言の答弁や親権争いなぞと、余計面倒なことにしたのはあのバカ夫であって、

こうして経済弱者のワタシの望むこととはことごとく逆方向に向いている事からして「ワタシの思うような結果」なぞは初めからこの世に存在しないのだ。

今回の調停でワタシは嫌というほど、

世の中は強者、もしくはモラハラ加害者の裁かれない歪んだ世の中になっている事を知らされた。

ジェンダーでくくられた立場の決めつけ、賃金、いわれのない差別。

 

バカ夫とその父親から受けた傷は、なかなか消えず、

いつまでも自信のないワタシの気持ちをしめつける。

 

 

そんな風にウジウジとしながら激務の月初を終えたところに、

息子から「期末試験終わった」との連絡があり、

じゃあ、ご飯でも食べに行っちゃおう!!と無理矢理に自分を盛り上げようとする。

 

上の子は就活、下は大学受験とこちらも忙しい。

なんか、スミマセン。人生の節目にかかる時期の両親の離婚。

自分の状況を理解出来ない歳ではないだけでも、いいのかも。

 

下の子の親権でお父さんと揉めてるんだよね、と話すと

上の子は

「じゃあ俺が取ればいいんじゃね?コイツの親権なんかいらねえけど笑」

 

残念でした。親権は文字通り親しか取れないのです。

後見人にはなれるんだけどね〜。学生じゃ無理か。

でもワタシが困っている事を知り、そんな提案までしてくれる優しさが嬉しかった。

 

廻るお寿司を囲む中、ふと口に出てきたのが、

「おとといの夕焼け、見た?」

 

息子達は口々に、

「見た!俺ちょうどバイト中でたまたま外レジに行ったら、すごかったね」

「イギリスにいた頃、夏はよくあんな夕焼け空見たよね」

「友達がみんなTwitterにあげてた」

「キレイだったね」

「ヴァニラスカイだよね」

「関東だけだったらしい」

 

そうか。

二人共見てたんだ。

アーシャと一緒に、ピンクに染まる雲と徐々に黄金色に変わっていく夕焼けを見ながら、

息子たちが見ていればいいなあ、と思っていた。見ていたんだ。

 

そう思うと、なんか勝手に泣けてきてしまい、お腹がいっぱいになる前に胸がいっぱいになってしまった。

 

いつもはデザートなど食べない上の子も一緒にパフェを食べて、

なんとなく2時間もいついてしまった。

 

 

帰り際、普段は寡黙で何も言わない上の子が

「何かあったらちゃんと連絡するから」

と行って、手を振った。

 

すでに成人している息子の後ろ姿に手を振りながら、

彼なりに精一杯、母親に心配をかけないように頑張っている。

つい半年前までは頼りなかった息子が、

なんだか少しお兄さんに見えて、

ホッとしたような、寂しいような、

でも嬉しい、

 

奇妙な満足感がワタシを満たしたのだ。

 

 

 

 

そんな事くらいで仕事やバカ夫のイライラや心のザラつきが一気になくなる。

子供の力は偉大だ。

子供って、いつまでも子供じゃないんだなあ。

それでも、いつまでも可愛い存在でいてくれる、全く別人格の、ワタシの分身。

 

きっとまたいつか、欧州に居た時のような桃色と水色から金色に変わる夕焼けを見て、

いつまでも息子達を想うことになるんだ。

 

 

 

 

パワースポットめぐりという新たな楽しみ

いわゆる地元のママ友達と、

お互いが何かを抱えながら、それでも何かに楽しみを見つけながら、

それぞれ声を掛け合い概ね真面目に生きているので、

そろそろ自分たちの楽しみに目をむけようじゃない?という訳で

先日、日光に行ってみた。

 

梅雨時ということもあり、

小、中学生の修学旅行的な団体が多かったけど、

それにもまして多かったのが外国人観光客。

青い目の人も、いわゆる中国人金満ツアーだったりと、

平日なりのにぎわいがあった。

 

パワースポットのエネルギーを信じている訳ではないけれど、

日常生活で目に出来ない山のある景色や、観光地特有の華やかさ、

東照宮の絢爛な存在など、すべてからエネルギーがいただけた気がする。

 

食い意地がはったワタシタチは、行きは持参したおやつ、途中でたい焼き、お昼は湯葉天丼、たまり漬けの試食や揚湯葉まんじゅうに栃木名物「レモン牛乳」、帰りはビール・・・とどまる所を知らない食欲の中、すべての食べ物はきれいに胃の中におさまった。

 

良縁などで知られる二荒山神社では皆がこう祈った。

 

「宝くじが当たりますように・・・!!!!」

 

ママ友のひとりがこう言った。

 

「お願いごとするとき、ちゃんと名前や住所、言った?」

 

なんじゃそりゃ、と聞いてみると、

神様には基本的な個人情報の提供がなければ効き目(?)がないらしい・・・

 

「え、なに? 千葉県〇〇市の加藤リンカです、宝くじ運に恵まれますように、

とか言うの???」

「そうだよ〜。そうでないと一日に何件ものお願いごとがあるから、神様も誰のどんなお願いなのか、分からなくなっちゃうでしょう?」

 

神様も案件処理に限界があるのか!!と、新鮮な驚きがありました。

 

この先の離婚によって生じる、ワタシの窮状を知っている友人たちは、

 

「リンカはまず仕事運や金運をお願いしなさいね。

アタシ達もそれぞれ失業中だったり、賃金上がらないとか、仕事キツイとか色々あるから、まあ仕事運をお願いすればいいか〜。」

とかいいながら、

ちょっと見た目が良い若い権禰宜さんに、

 

「え〜!こんなに若くてハンサムなのに神様のとこにいるの〜!?モッタイナイ!!」

とかいいつつ、はしゃいでいた。

通りすがりのおじいちゃんと話をしたり、

外国人観光客に道案内したり、

息を切らして眠り猫から上に上り、家康公の墓所に行って、いい風を感じ、

団体客のツアコンさんにおすすめスポットを教えていただいたりと、

 

この年になって久しぶりに行った日光が、

そこそこ楽しく、

大人だけ、オンナだけの旅もいいなあ、とじんわり心地よくなってきたので、

 

それももしかしたらパワースポットのお陰なのかも知れない。

 

次回は秋に、箱根神社三峯神社伊勢神宮鹿島神宮のいずれかに参ります・・・

 

 

f:id:katrinka:20190629125252j:plain

 

神馬の厩舎にいる三猿。

 

f:id:katrinka:20190629125628j:plain

 

距離感が分からず、ピンぼけ状態の「眠り猫」。平安な時勢を象徴しております。

 

 

f:id:katrinka:20190629130836j:plain

 

神橋を臨む。川がとてもキレイだったので、オゾンパワーいただきました。