北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

自立した生き方とはいっても、単に経済的なことでもない、一人でいかに楽しめるかだ

やりたいことは幾つかあって、

イラストを描くのも、

小説を書くのも、

こうして雑文を書くのも、

一人で日本縦断しながら温泉にも入りたい、

まだ日本でも北海道と四国、九州へは行ったことがなく、

どこまでも遠浅な白い砂を透明に透かすレースのような海で1ヶ月くらい、ボンヤリ過ごしたいし、

モンゴルの、目に入りきらない程広大な緑の草原の向こうにある、白い高い山々をめがけて馬で走りたいし、

どこかの億万長者の社長みたいに、宇宙にも行きたいし、

ワタシの乗り込むスペースシャトルの真横を未知の物体が通りすぎてゆくのを、この目で見たいし、

ブルガリアの朝靄の谷に咲き乱れる夏の薔薇を摘み取って自分だけの香水も作りたい、

 

要するにこんなに欲深なワタシの原点は、

一人でもやりたいことがあれば楽しい!!

と言うことだ。

 

勿論、一人でさみしい、つまらないと言う人に対して、わざわざ「そこは一人でいいでしょ。」とは言わない。絶対にそうじゃなければイケナイなんてことは、この世にはひとつもない。

 

離婚したら、

それはそれで悲しい。

家族と一緒にいるのが当たり前だったワタシにとって、息子たちがいないのはやはり心の芯から冷えるくらい、寂しいだろう。

 

 

だけど、生きているとそれ以外の事を考えなくてはいけないし、と言うか、考えたい。

一人とは、それを最大限に活用できる夢のような環境なのだ。

 

今のワタシは、まるで都内での一人暮らしに憧れている、地方の高校生の女の子のような、自分で言うのは少し恐ろしいが、可愛らしい夢を見ながら、疲れるフルパート(変な言葉)の仕事を、ダラダラとこなしている。

 

どこかの、

きつい香辛料と甘い香を焚く中で、迷子になったら二度と戻れないような入りくんだ路地のような作りになった雑居ビルのなかに広がる市場の小宇宙の妖しさと切なさを、ロンドンの片隅で感じた時、

 

外側はそこにいる誰にも似てない自分が、

内側では、何故かとてもその場にしっくりはまりこんでいるような、

 

こういう旅を終わらせたくない、と

 

心底から思った。

 

その時、ふと

 

一人になれるといいな、と思ったのをなんとなく思い出す。

 


f:id:katrinka:20181001213502j:image

 

でもこの子がいるから、一人ではないのだけどね。その辺、弱いのよ。

 

 

 

 

晩御飯は作るが、クレカを止められる

昨日は仕事で、2週連続の(土)勤務にウンザリしたけど、
夫は夕飯を作っていた。
そういうところは普段から感謝していて、常にありがとうを伝えていたのだけど、
今は素直にお礼の言えない事態になっている。


今日でクレカの有効期限が終わるが、夫からは何も伝えてこないので仕方なくこちらから出向いて、
もうカード切れるよね?
新しいのが来ないと、食材買いに行けないのだけど。

と切り出すと、

夫はわざとらしく間を開けながら

届いてるんじゃないですか...


いやいや、手元にないし、郵便物も全てチェックしていたよ、でも持ってないのだから、明らかに来てないの。
それともカード辞めた?

辞めたとも、自分には届いてるとも言わずなんとも煮え切らない態度の夫から、読めてきたのはどうやら「経済的DV 」再開らしい。
そういえば15年前にも一度あった。
家計のことで言い争いになり、その後なし崩し的にキャッシュカードを取られ、そのまま約5年間、月に10万円でやりくりしていたんだっけ。
あの頃、息子二人とも英語のレッスン始めてたし、それぞれスポーツもやっていた。
相当苦しかったのを覚えてる。
その時もっと知識があったら、
もっと情報があったら、
きちんと太刀打ち出来たろうし、
もっと大声でモラハラにあってると公に訴えることが出来たかも知れない。


ともあれ、ネチネチ意地悪モラハラ不貞バカ夫の経済的DV 劇場、第二幕の始まりです。

f:id:katrinka:20180930210853j:plain


表題の件について

 まるで社内メールのようなタイトルだけども、

「約束の時間」とは、夫との話し合いで離婚までの期間を決めているところからこんなブログタイトルにした。

次男が大学に入ったら別居、その後息子二人共が社会人になったら離婚する、という「約束」なのだ。

 

人前で愛を誓った若かった二人に、本当にその先の覚悟まで出来ていたのかどうかは怪しいものだが、とうとう20年も経ってからこんな結果になろうとは思わなかったが、夫の気持の変化にまでは私も責任が持てない。



あまりにあっけらかんとしている私に腹立たしい思いをしているのはあちらの両親であるが、そもそも浮気をしたのはあなた方の息子であり、その責任を妻たる私の責任とのたまうのはあまりに筋違いで、この世にはどんな悪妻を持っていても浮気なぞせずに健全に生きている立派な紳士もいる。夫の機嫌の悪いのも出世の如何も晩ごはんが好物でないのもイチからジュウまで妻のせいにされたらたまったモンではない。

機嫌の悪いのは自分の心持ちであるし出世も自分の実力や社内政治だし、ましてや夫の好物なんて知るか。(子供には好物ばかり食わせるな、ワガママになる、と言っていた男だ)

色々言ってやりたい事はあるが、全ては伝えきれないし、あちらも聞く耳は持たないだろう。

 

本当は楽しい時間もあったが、もはや今はその片鱗すらない。

とは言え、家族に最低限の生活をさせる責任がある、と言う事だけで今を生きている。

あの不貞バカ夫に対する唯一の愛情(?)が、私の決めた「約束の時間」だ。

 

約束って、もう少しマトモな使い方するものだと思っていたけど、

こういうダメな使い方もあるんだな。

 

大人なのに、なんにも知りませんでした。

 


f:id:katrinka:20180929201749j:image

👆今日のオヤツ。ホントにりんごタルトみたい。Sehr Lecker !!