約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

離婚会談

兼ねてからの約束があり、 本日は自宅にて義理兄夫婦を招き、 「離婚会談」を開催した。 不貞夫とはこの一年間まともに会話が成り立たなかった為、業を煮やした義理兄夫婦が話し合いを取り持ってくれたと言う訳だ。 モラハラ夫は話し合いが出来ない。 ほとん…

承認欲求が強い傾向が、悪なのか

お昼が終わり、カタカタとPC の前で仕事をしていると、隣のシマのテーブル越しに上司と別の部署の上司が、聞こえてもいいのか悪いのか分からないようなトーンの大声で、なにやら他部署の若者(女性)の批判をしていた。 「あの子は仕事が早ければいいと思って…

怖いものが観たくなりジョニー・デップ祭り

huluに入会しているけれど、最近ゆっくり何か観ようという気になれずに、月会費がムダになっているように思う今日この頃。 はよ「シャーロック」のシーズン4の放送して! (余談だが主演のベネディクト・カンバーバッチはどうしてあんな馬面なのにキュートな…

人生遠回り

予期せぬ、と言いながら物件見学予約を取り計画的衝動買い(契約)の余韻も醒めらやぬ中、不貞夫の名前を無許可で「保証人」欄に記入した恐ろしいバカ嫁のワタシに対し、意外にも不貞夫は、 「ああ、そう」 くらいの反応で、なんだか拍子抜けだった。 「なんだ…

どうしよう、と戸惑いながらも賃貸契約

本日、とうとうアパート契約してきた。 この先のことを考えても考えても、 今の状況を打破するには、 もうこれしかなかったので。 なんだろう、 もっと嬉しいはずなのに、 もっと晴れやかな気持ちになるはずなのに、 本当に出ていくんだな、と思うと、これは…

暮れのブランケットと新年のマドレーヌ・ドランジュ

今週のお題「2019年の抱負」 一人暮らし、という名の別居。 英語の勉強し直し。準1級取りたい。 ハーブとアロマももっと勉強したい。 などなど、ご大層なものが並んでいるけれども。 でも未だに時々(夫の不貞やモラハラによる)心神喪失感に苛まれ、 時々も…

Frohes Neues Jahr

穏やかで素敵な年越しでした。 米津玄師が普通に好青年で、ちょっと意外な(?)驚き。 あいみょんも、よかったね♪ そして何故か(笑)DA PUMPもよかった。 素敵な新年になりますように。

あっという間に大晦日

帰省している姉、近隣住まいの母とランチしてきて、 不貞バカ夫との今後の話についての話をしながら、 改めて年取った母や姉たちに酷く心配させていると実感するとともに、翌年はしっかり、今後を見据えた行動をしなければいけないのだと自分に言い聞かせな…

サイレント・クリスマス

ロンドンで暮らした時、その2ヶ月後に渡英後初めてのクリスマスを迎えたワタシ達は、まず驚いた。 お店やパブがすべて閉まり、バスや電車もイヴの夜からクリスマス当日まで運行がなくなる。街が完全に「クリスマス休暇」となってしまうのだ。 しかしそこは観…

誕生日

祝日をのんびり過ごす皆さんを尻目に、 本日はお仕事に精を出させていただきましたよ。 本社は休みなのに、支店はしっかり会社のスケジュールで勤務日になっている。 物を売るサービスだから仕方ないとは思うけどね。思うけど、腹が立つのも仕方ないのだ。 …

一人暮らしに必要なもの

ユルい転職活動の第一歩から大きくつまづき、転居先候補にしていたアパートさえも先を越された、もう踏んだり蹴ったりのワタシは、半分不貞腐れてブログネタすらも腐らせ、モヤモヤついでに色々ためていた家事をしていたら、何となくスッキリ出来たので、ま…

最近のお気に入りはゴマ団子と米津玄師

米津玄師がお気に入りで、このところ毎日のように聴かないと気がすまなくなっている。 初めて聴いたとき、なんというラフマニノフだろうか!と躊躇し、軽く嫌悪してから、(次に来る音がなにか予測がつかなすぎて、なんだか目眩を感じる曲調だったので)でもど…

星降る夜の魔女と使い魔猫

ふたご座流星群の夜なので、 今日は少し遅くまでねばり夜ふかししたいと思いながら、 ハーブティーをつくっています。 魔女になりたい、と思いながらも 生来の怠け者気質に流され、 なかなか素敵なウィッカンになれずに日々の仕事に揉まれながら、右往左往し…

世間の無情を知った、その後

昼休みにスマホをチェックしたら、メールが来ていた。 面接を受けた会社のそばの不動産屋さんからで、今週末見学を予定していた物件は先を越され、誰かさんの契約済となった、とのこと。 やっぱりなかなか、上手くはいかないんだなぁ。 早くここから逃げたい…

正義感の名を借りるモラハラ二次被害

義理姉から着たメールは、少なからずワタシに毒を盛った。 ワタシの現状を知っている彼女は、 とても親切で、思慮深く、利口で優しい。 夫からのモラハラやその後の不貞行為、そして今現在の経済的DVといった一連の流れは既にご存知だ。 彼女の進言もあり、…

齢50にして、世間の無情を知る

有休を取って、本日は自宅から片道1時間半の町まで、 面接に赴き先程帰宅。 朝からザーザー降りの雨だったこの地域は、 情け容赦なくお昼ちかくまで本降りだったため色々と予定が狂った。 まず、朝の通勤時間帯に出発したため、電車は混んでいた。 追い打ち…

猫の体温とアップルシナモンティーはちみつ入り

今、これはホットカーペットの上で、我が恋人アーシャのお腹にスマホを置きながら書くという荒業をやってのけている。 雨のふる静かな寒い夜に、温かいカーペットの上で言葉を交わさずとも二人でゆったりとした時間を過ごせるのは、今のワタシにとって大きな…

優しくされるのは、気持ちが良いと久しぶりに思えた

職場では足元が冷えて、デスクでPCと一日中にらめっこのワタシには、冬場は厳しい。 もともと3階部分のオフィスは現在使用していない倉庫状態で、その冷えが上の階までくるのか定かではないが、 ともかくおへそから下が永久凍土状態で、支店長に直訴しても…

愛しのオットーと、麗しのフラムクーヒェン

日本の宅配ピザは、高い。 宅配だから人件費込で高いのか、美味しいから高いのかは定かではないけれど、 ドイツにいた頃通っていたVHS(Volkshochschule=市民高等学校:市民講座)への通学路にはピザ屋さんが3軒あり、その内2件は某有名チェーン店D で、1…

砂に眠る街を探す、長い夢をみる

中学生のころ、何かのテレビ番組だったかで、中国の西域に「楼蘭」というところがあった、というのを知った。 その後いくつかの特番が組まれたり、その頃久保田早紀さんというシンガーソングライターの唄う「異邦人」という曲にもシルクロードを連想させる香…

やるせない感情を搾取するように労働を仕向ける社会=会社

ワタシはサービスを売る(身バレしたくないので濁すけど、定期配送のサービス関連の会社の事務)仕事をしている。 主力の商品が売れなくなると、ご時勢に乗っかるようにして実は全然乗れてない、激ダサな商品を慌てて開発しあてがうと言った基盤がボロボロの…

猫には目に見えない「何か」を感じるのだろうな

最近、アーシャ(猫)が引きこもりだ。 とにかくワタシの部屋から出ない。 いままでは家の隅から隅まで走り回っていた彼が、 ここ数ヶ月で挨拶もろくにしなくなった夫に近づかなくなり、 とうとう今月に入り、階下に行くことをしなくなり、ワタシの部屋のホッ…

まだ未定の新居付近を散歩する不毛かつ楽しい地図の旅

ゆるゆると、転職を企みながら蛇のように音もなく、 職場で求人サイトを嘗め回し、ひとりであーでもない、こーでもないと頭の中で様々な条件を自分に当てはめながら、 当てはまらないのは自分のせいか職種のせいかは考えもせず、 ほぼ行き当たりばったり方式…

何十年も働くことになるなら、楽な方がいいに決まってる

こういう事を書くと、 お利口さんな方々からは「人生舐めてる」とか「考えが甘い」とか言われてしまうのは解っている。 ワタシたちバブル世代は、不思議な流れがあって、 子供の頃は勤労に励む父親と専業主婦の母親が一般的な家族の構図で、「多様な」家族の…

今日は天赦日という日らしい

何をしても、よろずよし、の日。 天(神)の赦しを得られる日。 と、思い、求人の応募、面接日決めようとしたら、日程が先方とまるで合わない。 いきなり、窮地なんですけど。 神様、ちゃんとワタシを見ていてくださってますか? あなたの可愛くない黒い仔羊は…

なにか殺伐とした世の中

安易に言える事ではないけど、 九州の方で小さな子供を含む一家が殺されてしまった凄惨な事件があり、胸が悪くなりそうだ。 ニュースでは次男夫婦の不倫トラブルを原因とするような事を晒していたが、本当なのだろうか?だとしたところで、何故に子供まで亡…

人でなしの経済的DV にムカツク日々

毎回、つまらないモラハラネタだけども、 一応回想録(メモワール)の形を取っているつもりなので、また今回もつまらない愚痴になる。 今日、帰宅するとポストにカード会社からの明細書が来ていた。 見ると、それはワタシも家族会員であるはずの、夫から切られ…

ゆるゆると、転職活動開始

空港で働きたい➡何故なら、時給がいい➡貯金ができる➡老後の足しになる と言う短絡的な理由と、単に英語を使えたら、という単純な理由で空港勤務をフラフラ探していたのだけれど、 やはりあまり年寄りは 「お呼びでない」感があるようで、 確かに受付嬢だった…

絵に描いた犯罪者のように、歪みきった顔つきをしている

不貞行為を現在継続中のバカ夫の顔が、みるみる内に変わってきた。 人間、良い行ないをしている人は自ずとそれになり、 鬼畜のような悪行をする者は、やはりそれなりの顔つきに為るのだ、と今まだ一緒に住んでいる(完全なる家庭内別居状態だが)夫の顔を久し…

ドイツはまだワタシを見捨ててはいなかった?レベルチェックの結果・・・

息子の友人(高2)の子が、先日の英検で準1受かったそうで。 正直、(チクショウ!先を越された!!) と思ってしまい、勉強再開の炎が再び燃え上がったのですが、 ふと悪魔がワタシの耳元で囁いた。 『ドイツ語なら、もっと楽に取れるんじゃないの・・・?』…