約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

表題の件について

 まるで社内メールのようなタイトルだけども、

「約束の時間」とは、夫との話し合いで離婚までの期間を決めているところからこんなブログタイトルにした。

次男が大学に入ったら別居、その後息子二人共が社会人になったら離婚する、という「約束」なのだ。

 

人前で愛を誓った若かった二人に、本当にその先の覚悟まで出来ていたのかどうかは怪しいものだが、とうとう20年も経ってからこんな結果になろうとは思わなかったが、夫の気持の変化にまでは私も責任が持てない。



あまりにあっけらかんとしている私に腹立たしい思いをしているのはあちらの両親であるが、そもそも浮気をしたのはあなた方の息子であり、その責任を妻たる私の責任とのたまうのはあまりに筋違いで、この世にはどんな悪妻を持っていても浮気なぞせずに健全に生きている立派な紳士もいる。夫の機嫌の悪いのも出世の如何も晩ごはんが好物でないのもイチからジュウまで妻のせいにされたらたまったモンではない。

機嫌の悪いのは自分の心持ちであるし出世も自分の実力や社内政治だし、ましてや夫の好物なんて知るか。(子供には好物ばかり食わせるな、ワガママになる、と言っていた男だ)

色々言ってやりたい事はあるが、全ては伝えきれないし、あちらも聞く耳は持たないだろう。

 

本当は楽しい時間もあったが、もはや今はその片鱗すらない。

とは言え、家族に最低限の生活をさせる責任がある、と言う事だけで今を生きている。

あの不貞バカ夫に対する唯一の愛情(?)が、私の決めた「約束の時間」だ。

 

約束って、もう少しマトモな使い方するものだと思っていたけど、

こういうダメな使い方もあるんだな。

 

大人なのに、なんにも知りませんでした。

 


f:id:katrinka:20180929201749j:image

👆今日のオヤツ。ホントにりんごタルトみたい。Sehr Lecker !!