約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

空港で働きたい、けど言い訳がたくさん

f:id:katrinka:20180924141807j:plain空港の雰囲気が好きです。

若かりし頃、初めて空港から飛行機で海外に行った時から、あの非日常感が、なんだか好きなんです。
でもそれは、仕事と言うかったるい日常になってしまうと、人間って勝手だからほぼどうでもよくなるんだろうけど...

とは言え、今も基本的には、これからどこかの知らない街に、全然言葉が通じない人達の住む場所に、食べたことのない美味しい物や、見慣れない景色に連れていってくれる不思議な場所として、やはり好きなところなんです。

一人になったら、
一人でご飯食べていかなきゃいけないし、
猫のご飯代も稼がなきゃいけないし、
ぼんやりしていられないから、

時給の良いところと言えば、


やっぱり、この辺りでは都内に出るか、空港しかない。

でも都内は嫌い。
都内で生まれ育ったけど、
下町育ちのワタシは都心が嫌い。
ワタシの中の都会は銀座、上野、浅草まで。
渋谷や新宿のゴタツキ加減なぞ、もう見たくもないのだ。

空港で、空港でと、勝手に熱愛してるのは結構なんだけど、問題がいくつかある。
本当は仕事をフェードアウトして今の居住地のまま転職し、お金を貯めて近場に引っ越すと言う甘い夢を見ていたのだけれど、なかなか実現に至れない厳しい現実がある。
交通費が出ないのだ。
ギリギリ満額出ない地域に住んでいるので、通勤に自腹を切らなければイケナイ。
ボランティアではないのだから、最低限、交通費と社会保険は譲れない。
更には、この年齢。
50過ぎたオバサンに、果たして仕事なんてあるのか?
お掃除でもなんでもいい、とは言えやはり空港で働いている感が欲しい、と言う我が儘な主張で、どなたか雇ってくださるのだろうか?
一般事務と社食くらいしか職歴がない、専業主婦だったワタシの唯一の武器は、もうこれしかない。

英語。
海外駐在していた時は、ろくに英語もやらずに遊び呆けていたバカな奥さんだったワタシも、帰国して楽しかった欧州での日々を懐かしむことが多くなり、なんとかあの頃の思い出にしがみつきたくて、3年前に英検を受けた。
ギリギリで2級をいただき、本当に驚いた‼
何故なら3ヶ月しか勉強しなかったから。
今、こうして文章にすると簡単そうに思えるけど、あの3ヶ月間はとても濃密な時間で、英語の事しか考えていなかった。結局、時間の濃さが重要なのかな。


空港で働く、と云うが易いけど。


と、冷静になり、
とりあえずは学び直し英語、頑張ります。