約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

仕事サボって、離活中

今日は一人だったからさっさと片付けて仕事サボって離活。


バカ夫の離婚届記入前後で、あちらのご両親に相次いで身体の不調が見つかり、そうしてあちらの実家では私たち夫婦の問題は棚上げされ、私は私で本当に非道い嫁で、この機を幸いとばかりにお盆は自分の実家に顔を出し、それ以外はゆったりと離活の為の情報集めをしていた。

離婚までの道のりはまだ遠く、越えなければならない山はいくつもあるけれど、
その先には圧倒的自由!!(金銭的な面からもかなり自由にされてしまうが、自由の門を開ける鍵ではバカ夫の金庫の扉は開かない。腹のたつ事に世の中はすべてが、そういうシーソーのような関係で出来ている。あちらが出れば、こちらは引っ込むのだ。)が、待っている。

そう考えると、ペット可賃貸を探しながら、移り住むであろう土地に想いを馳せながら、職探しに希望を抱きながら、そういう時間も実は嫌いでない私は心底自由な人間で、すでに気持ちが切り替わりつつある現金な自分を、自分だけは深く愛してあげようと思う。

私が自由になり、自分なりのしあわせな時間を持てることが、バカ夫への一番カッコいい復讐だと信じてる。

人の好い方々は、私のような腐った考え方がお気に召さないかも知れない。またある人は私に夫のモラハラぐらい(ぐらい、と言われる程度のモラハラなら離婚までは考えない、と言う主張は彼女には一生理解は出来ない。)で大騒ぎしてどうするの、あれもこれもダメなんて言っていたら男の人は何も言えないし、何も出来ないよね、とまるで見当違いなアドヴァイスをくれたんだよ。
それ、夫のお母さんなんだけどね。正に、親子だわぁ、と斜めの方向に感心。


やっぱり、向こうの親に理解して欲しいと考えるのはとってもムズカシイわ。
それを求めてはいけないのだろうね。


色々上手くいかない時も、
人生にはあるんだから。
でも、とか
だって、なんて
言わないように

離活しながら、自分にとって大事なことは何かを考えてる。

子供達も大事だけど、

自分に余裕がなくなることは子供にとっても嬉しくないだろう。

だから、

一人暮らしを検討しなきゃ。



先立つものは、まるでないのですが...




どこかに10億くらい、落ちてないのかな?と必死に夢を見ている。

ベーシックインカム、日本でも導入すれば良いのに❗