約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

4人家族の平均生活費は6万円(ただし夫の計算で)

さて、ワタシが包丁をかざして見せた効果があったかどうかは定かではないが、

バカ夫が生活費を現金で持ってきた。

 

「一日2000円として、一週間で14000円、

4週1ヶ月で56000円で日割り分4000円」

 

計60000円をダイニングテーブルに置いて、こう言った。

 

「あなたは一般的には生活費15万と言ったけど、そもそも何をそんなに使っていたんだ?

俺の調べたところ、一般的にはその半分で十分なはず。」

 

まったく信頼の出来ない調査機関に依頼したみたいで、

ほんと胸糞悪いが、

いただけるモンは素直に受け取る。

 

自分の不貞事実は思い切り棚の上段に載せて、

それを責める形でワタシは共働き稼ぎ分をヤツの口座に入金するのを拒んだ結果、

子供たちの学費や生活費がどんどん出ていき、

たちまちスッカラカンになってから慌ててこちらのお金をアテにしてくるなぞ、完全に舐められてる。

そうは問屋が卸すものかと、

なにを言われようと、

どんな仕打ちを受けようと、

絶対に自分の給与は二度とヤツの口座に入れないと決めた。

 

一所懸命働いてたワタシを尻目に、

バカ夫は毎週のようにバカノジョと一緒に遊び歩き、

ワタシは平日も休日も家事に追われ、

バカ夫は毎週・・・

 

 

人として何一つ恥じることなどない、

と言える人間はなかなかいないだろうが、

 

自分の行ないにすべて蓋をして、

家族にイヤな思いしかさせない男に

はたして人としての価値なんかあるのだろうか?

 

モラハラに自覚はない、とも言われるけど、

そうは思えない事がいくつもある。

 

ワタシが困るのを分かりつつ、クレカを止め、

生活し辛くなるのを知りつつ、一年以上も無視をきめこみ、

自分の親にはあることないこと吹き込んで、

あたかも自分は苦労と我慢を重ねてきたかのように深刻に黙り込むが、

その実、家ではワタシに暴言を吐き、物を壊し、離婚をちらつかせては大袈裟に騒いだ。

 

何度書いても書ききれないほど、いろいろな嫌がらせを受けてきたが、

今回の経済的DVはこれで3回目。

もはや許せる事ではない。

 

内容証明を作成中に、

60000円を出してきた。

 

ホント、何がやりたいの?

いい大人が、自分のパトーナーの困る顔が見たいだけでやってる嫌がらせだとしたら、

離婚するときは覚悟してほしい。

 

ワタシも同じくらい、性格は悪いです。

 

とりあえずは60000円をなんとか保たせよう。お金は大事。