約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

Honesty・・・ is such a lonely word !!

半年以上にわたり不貞行為をしていたバカ夫は、

自分の兄弟に責められた時に連呼していた言葉があったそうだ。

 

「わからない」

 

ーおまえ、この先どう決着させるつもりなんだ?

「わからない」

ーリンカちゃん(ワタシ)がどんなに辛い思いしてるか、聞いたことあるのか?お前はどうしたいんだ?

「わからない」

ーリンカ(ワタシ)ちゃんとは離婚するのか?

「わからない・・・」

 

まるで叱られてる小学生みたいですが、

実際眼も合わせずにふてくされた表情で、

ずっと斜にかまえていたそうです。

バカだから仕方ないけど、

人の話くらいはちゃんと聞いとけや。

 

何故かモラハラ人間というのは自分の論を自分が見下している「下々の者」(夫の場合、それは主にワタシだ)に披露するのが大好きだが、自分より弁のたつ人間の前では本当に大人しい。

自分の得意分野である仕事の話は、それはもう本当に大好きで、

「仕事人間になんてなりたくないね」

なぞと言っていたのとは裏腹に、今ではご立派な「仕事人間」としての説教を息子たち相手にぶっている。

反対に、西洋文化の好きなワタシが時々欧州での慣習や歴史などをご披露していると、すかさず

「知ったかぶりでしょ」

とまるで小学生のような反応をするお粗末さで、

もう何も話す気にはならなくなる。

 

自分のしている不貞行為は、

ただの友達づきあいであり、お前が騒ぐような大袈裟なことではない、と言ってる裏では、

バカノジョにメールで

「一秒でも早く会いたい、抱きしめたい、キスしたい」

なぞとオジサンとオバサンのカップルが薄気味悪い言葉を送り合っている。

最近ワタシがその話を出さないのをいいことに、

沈静化を図ろうとしているのか、矢鱈家事に勤しむのが逆にムカつく。

いまさら何だってんだよ。半年以上、毎週末は家にいないで息子達にも声かけないで、一年も家族を無視してきた男が、自分の立場が少し怪しくなり出したと思った途端に取り繕ってんじゃねえよ!

 

ワタシは夫の家族にこう言った。

 

「百歩譲って、本当に好きになってしまったのなら仕方ない。

今まで何でも話し合ってきていたから、

すぐではなくとも、きっとキチンと話してくれると信じてた。

でもそれはことごとく裏切られた。

ワタシが何も言わないのを良いことに、

夫は家族を裏切りつづけ、彼女と遊び呆けてた。

そんな自分を棚に上げ、自分はきちんと仕事をして家庭を守ってると言い、ワタシは落第主婦だと罵る、そんな事を言う権利があるのか?人として最低限の礼儀や道徳心はないのか?

誠実でない人間と信頼関係は保てないので、離婚します。」

 

バカ夫の父親(舅)は、やっぱり同じ人種なので、ワタシにこう言った。

「男はみんな他の女に目が行く時はあるもんなんだ。

でもそれは女の責任でもあるんだぞ?

ちゃんと夫に自分の尻を差し出してるか?

女はそれをして一人前なんだ!」

 

嘘偽りなく、本当にこう言われ頭真っ白・・・

 

書いてて気分が悪くなってきたけど、

舅はそういう男です。

セクハラだのモラハラだの知るか!という石器時代の人間です。

 

ここまで言われたらもう認めざるを得ない。

ホント、貧乏クジ引いたんだなぁ。ワタシ。

 

女性も男性と同じ人間なんだけど。

男に身体を委ねればすべて事が丸く収まるなんて、

それ誰の考え?

おまえそれ自分の母親にも同じ事言えんの?

全世界の女性に謝れや。

 

誠実なんてものを微塵も持たない人間なんて、

こっちから願い下げだよ。

 

 


Billy Joel - Honesty (Official Video)

 

 

チョコホットのCMで流れてたイメージが強くて、

これ聴くとココアが飲みたくなる。

子供の頃の刷り込みって強いわ。