約束までの時間を有意義に過ごすための独り談話室

離婚されるそうなので一人暮らし準備の為の心構えと今までの回想録(メモワール)

子供に邪魔にされる高齢者の気持ちが解りかけて、なんだかモヤる...

明日久しぶりに有休取った。

 

少し疲れてきたのでちょうどよいタイミング。

・・・と思ったのはワタシだけで、

長男になんとはなしにその話をふると、

 

「え?家にいるの?」

 

微妙な反応をされた。

 

「・・・え?」

 

なにか不都合でもあるの?と問うと、

 

「うん」

 

どうやら彼女を呼び込むつもりだった事が判明。

大学の講義が午前中1限目だけだったから好都合だったらしい。

 

いや、そこでワタシがいたら不都合ってさ、

不純異性交遊(こんな言葉、今どきの若者は使わないと思うけど)やる気満々って事だよね?

そこは母親としてはスルーできない。

別にワタシが家にいたって、呼べば?お邪魔はしませんよ?

 

しかし息子は憮然とした表情で、

「いや、いいわ」

 

なんかね、

自分の空間すら息子に良しとされない、って

すごく傷つくのよ。

ワタシはこれでも精神的に自立できてる、物分りの良い母親だと思う。

将来一緒に住んでほしいなんて、小指の先ほども思っちゃいない、

動けなくなったら介護してほしいなんて言い聞かせてもいない、

 

それでも親って、

要らなくなるんだな。

 

すごく苦労して産んで、

一所懸命育ててきても、

そんなの全然関係ないんだもんね。

 

そうやって、人間って親にやってもらったこと、人に助けてもらったこと、

全部また自分が返していきながら年を重ねていくのは

解っていたけど、

 

実際自分の息子に邪魔者扱いされると、

やはり少しモヤモヤ・・・

 

やはり夫婦仲良くなくて、子供たちに嫌がられているのかな。

 

舌に2,3個ほど一気に出来た口内炎も痛いし、

なんだか悲しいので、

寝てしまおう。