北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

日に日に大きくなる男・・・(ワタシの猫です)

去勢したら本当に食欲が衰えることがなく、

ワタシの顔を見ると反射的におやつ皿もしくはご飯皿の前にスタンバる。

心を鬼にして、あげるのを我慢していると、

チラリとこちらに目をやり、

ため息のようなもの(ホントに深い息を吐く)をついてから、

仕方なく、といった感でごはん皿でモグモグと口を動かす。

 

わたしの根性と彼の根性の根比べであるが、

大抵ワタシが負ける。

かわいいものに泣きつかれて(ホントは噛みつかれる)は、

どうしても辛い。

 

自分の配偶者にすら見捨てられた女に、甘えてくれて、

ここまで一緒にいてくれるのはもうこの子しかいない。

この子に見捨てられたら、もうワタシには何の価値もない、

と思いながら、感謝しながら生きている。

(なまじの人間なぞよりも、猫の方が数倍も心が分かるのだ。

決して裏切らない、とまでは言わないが、少なくともイヤミや嫌がらせを故意にしたり不貞をしたりといった馬鹿ではない)

 

f:id:katrinka:20181022213910j:plain