北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

息子からの母の日スペシャルプレゼント!

(しつこいようだけれど)

GWが終わり、やる気の出ないまま負け犬となり(前回記事参照)

土曜出勤でお休みは今日だけ・・・もう疲れた・・・

 

ダラダラしよう。

 

と思いきや、スマホカレンダーからの予定リマインダーが鳴り、驚いて5時に起きた。

 

【次男・高校最後の試合】

というお知らせ。

 

バカか、ワタシ。

昨日の記ブログ事の冒頭にそのことを書いているクセに、一晩寝たら今日の予定忘れてるなんて・・・

スマホよ、ありがとう。何日か前のワタシよ、Good job!!

 

慌てて着替えて電車に飛び乗ったのが、マズかった。

何も考えずに電車を乗り継ぎ、某駅で降りるも目的地へのバスが駅前ロータリーで見つからない。一番手前のバスの運ちゃんにお問い合わせ。

「〇〇スポーツセンター?この駅からは行かないよ」

 

ってことは、ここから徒歩15分ちょっとの別鉄道の駅からだった?

しまった〜、と思うも試合開始までまだまだ余裕の1時間前。全然大丈夫。

 

しかしここからが長かった。

別駅に行くも、駅前ロータリーなぞありえないほど小さい駅。

駅から2.3分歩いて探してみたけど、やっぱりバス乗り場なんてナイ。

別駅駅員さんに聞くと、意外なほどあっさり「ここからはバスなんて出ないよ!」

なにィ・・・?なんですと???

「あっちの駅でバスの運転士さんから、ここの駅じゃないって言われまして。」

「イヤイヤ、反対側の出口から出てるはずだよ」

往復30分。

反対側出口の目の前から、バスは出ていた・・・

待つこと10分。その間、ずっと最初に聞いたバスの運ちゃんと自分の要領の悪さを呪った。

バスに乗り、20分。徒歩でラグビー場に行くこと15分。遅刻だ。

 

と思いきや、まだ練習してた〜!! 神よ!!

 


f:id:katrinka:20190512194020j:image

 

 

・・・と感謝した途端、次の瞬間には神を呪った。

一直線上に歩いてくる男は、数ヶ月前、ワタシが家を出た原因を作った男、一応まだ婚姻関係にある夫だ。もちろん、華麗に無視して歩いて行った。

(コイツとの結婚を汚点と考えたら息子に対して失礼だから、せめて最低限の敬意は払おう)と思うこちらの意向なぞ、この男にはまるで意味をなさない。心底ガッカリさせられる。

 

どんよりした気持ちでいたけど、キックオフになるともう夫はどうでも良くなる。

息子がトライを連発してくれた〜!!!!

もう口元が緩みっぱなし・・・スゴイ、スゴイよ、君は。(この運動神経は悔しいケド夫からの遺伝だと思う。ま、別人だけどね!)

結果は残念でしたが、高校生活での部活の有終の美を、見事に飾ってくれたのは本当に嬉しかったよ。カーネーション10000本より、何より嬉しい。

こんなバカな両親に混乱させられ、生活を一変させられて尚、素直にふるまい、素晴らしい友人達に囲まれ、のびのびと生活してくれていることに、本当に感謝している。

ワタシは良いお母さんでも何でもない。

むしろ夫に負け、家を飛び出して子供達に迷惑をかけているダメ母だ。

それでも息子たちは、ワタシを理解してくれている。

これ以上の愛が、果たしてこの世にあるだろうか。

母の日なのに、母親らしくない母が、息子達に感謝出来る事が何より幸せじゃないか。

ワタシ(母)は感謝なんかされる資格はない、

ワタシが息子達に「ありがとう」を言いたい。

そう思うと泣けてきたので、試合終了後は早々と退散。(夫の顔なんか見たくないし)

 

たくさん歩いて、嬉しくて、泣けてきて、家についてごはんたくさん食べて、

本当に疲れた、でも素敵な日曜日でした。

締めはゆったり半身浴。

最近のお気に入り、シャンプーとコンディショナーに好きなアロマ精油を入れて使用。

精油を入れると髪がふんわりして、オバサンのコシのない髪もなんだかスタイリングしやすくなるし、ほんのりイイ香り・・・♡

 


f:id:katrinka:20190512194104j:image

 

 

熟年離婚決定で独りミドルの、貧困女子まっしぐらなワタシだけど、

まあ楽しむネタには事欠かない。

要するに、脳天気なのだ。