北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

梅雨冷えにやられ、エキナセアの出番です

朝、目が覚めたら頭痛に気付き、

次の瞬間鼻がつまって喉にヒリヒリとした違和感・・・

 

完璧、風邪ひきました。

思い当たる節がいくつかある。

アーシャは一晩中ほぼ起きているので、気晴らしの為部屋の何処かの一箇所だけほんの少し窓を開けている。

(防犯上よろしくないので、網戸ロックを上下に、窓ロックをかけていますが、単身の若いお嬢様がたは決して真似はしない方が身のためです)

そういう冷えた夜気が入り、すっかり凍える羽目に。

 

こんな時こそ、魔女の知恵。

ハーブティーとアロマオイルの出番です。

 

ハーブティーエキナセアカモミール、エルダーフラワーに自前のフレッシュタイムを鉢から少々、蜂蜜を入れて完成。

 

 

f:id:katrinka:20190609104827j:plain

 

 

エルダーフラワーを入れるとほんのり甘くなるので、甘すぎると感じる人は蜂蜜なしでもOK.

エキナセアは本当に頼りになるので、イギリス、ドイツに居た頃からずっとお世話になっている。イギリスにはどのスーパーにも自社ブランドの安価な感冒タブレットやティンクチャーがある。

至るところにある町の自然派系ドラッグストアでエキナセアはとっても気軽に買え、化学薬品を使用していないので安心だった。

はじめてオーガニックなドラッグストアでエキナセアを買った時、インド系もしくはパキスタン系のスタッフから、

「風邪ひいたの?」

「うん、友人からエキナセアがいいと聞いたので・・・」

「じゃあ、これも持っていって。無料(フリー)だから。」

 

と、紙袋にいくつかハーブティーを入れてくれた。

カモミールやエルダーフラワー、ベリーもある。

「Take care!( お大事に)」

その時にいただいたジンジャーレモンとカモミールのお茶がすごく美味しかったのは覚えている。

驚くことにインフルエンザにかかった際に病院へ行けず(年末だった)とも、タブレットを1日飲んだだけで熱が下がり、2日目には頭痛もなく、3日目には普通に起きて家事もした。

植物なので、あくまで民間療法と片付けられるし、

効き方は個人によるし、ではまったく副作用がないのかと問われると何とも言い難いが、

少なくともワタシが自分自身を人体実験した結果で得たのは、

どんなに投入してもなかなか治らない不満ではなく、安心感だ。

実はその時のエキナセア体験での衝撃が強すぎて、ワタシはあれ以来極力化学的なもので処方されたものは避け、基本は栄養とハーブと安静に努めることにしている。

どうしても現代社会で生きているワタシ達は、仕事と時間に追われ、即効性のある栄養ドリンクで風邪薬を流し込むのが手っ取り早いと思っている。

欧州では日本の風邪薬の倍以上の種類のハーブティーやティンクチャーが並び、ワタシ達を癒やしてくれるのだ。

医薬品に関しては、戦前の日本は医術的なものをドイツからかなり学んでいるはずだけど、

そのドイツでさえ、風邪をひいたら薬ではなくハーブをすすめてくる。ワタシ達が玉子酒や梅干し茶、葛湯や蜂蜜漬け大根のシロップを飲むのと同じように、

彼らの生活はハーブとともにある。

 

ドイツで同じドイツ語コースに通っていた東欧からきたバーバラは、風邪薬を一度も買ったことも飲んだこともないと言ってワタシを驚かせたが、その何倍も彼女も驚いていた。

「だって、ハーブやスープを飲めばいいことよ。」

 

さしずめ、日本ではこんな感じかな?

「なんで薬なんか飲むの?

生姜スープや玉子酒を飲めば大丈夫よ!」

 

なんか、字面がカッコ悪いけど妙なほっこり感だけは伝わるかも。