北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

疲れた・・・でも口角上げていこう

離婚って、思った以上に色々やること多くて、

しかも「言いだしっぺ」はほとんどやること無いのに、

困窮している方が「〜請求」的手続きが多くて毎回忌々しい書類の束と格闘する。

 

有休と懐具合がどんどん減ってゆくのに心労を重ねながら、

あと何日我慢すれば婚姻費用が手に入るんだろう?とか

 

婚姻費用が手に入ったら、息子たちに新しいスマホを買おう、

美味しい中華かお寿司を食べに行こう、とか

そんな事ばかり考えている。

 

なぜ追い出された方が更に困る仕組みになっているのだろうか?

離婚させない為なのか?

だとしたら本当に余計なお世話で、大迷惑な話だ。

 

あのモンスターのモラハラから逃れなければならない事が

こんなに大変な事だとは思わなかった。

 

今日は年金事務所年金分割情報通知の請求をしたけど、

今回わざわざ行って良かった。

なんとワタシの20代半ばの父親の会社で籍を置いた際の国民年金の支払い記録が結婚した際に上手く引き継がれておらず、今回の請求で発覚、記録を引き継いでいただいた。

危ないところでした。

地元の市役所で処理した際の担当者が確認を怠った・・・らしい。

 

まあそれだけでも今回の収穫はあったのかも。

 

午後、帰宅すると

ロンドン時代のお友達からメールが着ていたので、

もうそろそろ白状しようとメールで事と次第をかいつまんで説明したメールをしたら、あちらもお仕事お休みだったらしく即レス。

 

「何ソレ!!!有り得ない!!!」

 

有り得ないことなぞ、この世には無いことは実感済みだけど、

普通の生活を送っていたつもりだったワタシのような人間にまで容赦なく、

悪夢はふりかかる。

 

メールのやり取り後に、ふと鏡に目をやると、

そこには老婆のような自分の顔。

 

さすがにここ最近のバカ夫とのやり取りや調停の為の書類請求、お金の心配ばかりしている生活に、

だいぶ疲れてきたみたい。

 

今日はお湯を溜めて、少しゆっくりお風呂に入り、

寝酒を舐めてから、

アーシャと一緒に寝ようかな。

 

疲れた顔をするにはまだまだ早い。

まだこの世には楽しい事がたくさんあるはず!

たった一人の人間に、負けたくない。

 

口角が下がり、マリオネットラインという口の両端からあごにかけて出来る老け顔No1のしわを取るべく、

今日からフェイシャルマッサージとエクササイズ、がんばります。

 

友人の一人はすでに60代の人もいるけど、

表情がいつも明るくて元気、常に楽しみを見つけて現役で頑張っている。

唯一の悩みは子供の持病で、恐らく一生治らない。

完璧な人生、苦労のない生活、悩みのない人間なんていない。

それでも彼女は常に前向きで、子供の治療の間にも様々なチャレンジをしている。

見習いたいです。

 

自分も子供たちも、今のところは表面上は健康なので、

贅沢は言わずに、少しずつ前進しかない。

 

口角が上がるのが先か、離婚成立が先か、

さてさて。