北総ロザリオ文芸部

タイトル一新です。離婚(予定)後の自由満喫と今までの回想録(メモワール)

指がこわばるので・・・魔女のオイルふたたび。

土曜出勤でテンション激低いけど、

なんとか頑張った一週間。

 

でも、なんかしっくりいかないのは、

指の動きが悪いせい。

 

 

母親のせいにするつもりでもナイけれど、

遺伝的要素でリウマチ因子があるというワタシは、

最近朝起きると左手の指がこわばるようになった。

 

はじめは朝だけだったのが、

徐々にときと場所を選ばず、

鈍い痛みは左手指先まで侵食してきた。

 

仕事で入力しているときも、

電車でつり革につかまるときも、

ご飯を食べているときも、

 

痛みに耐えかねる、というものでもないが

鈍い痛みが若干、イラッとする。

 

さて、お金のない(正確にいうと未だ婚姻費用の払われない)こんなワタシの生活においての怪我や病気の味方と言えば、

 

アロマです。

 

 

f:id:katrinka:20190720205026j:plain

(上の写真のオレンジミントは実は先月一度枯れたけど、数日後謎の復活を遂げたモノスゴイ生命力を持った子。梅雨のはしりが苦手だったのかも)

 

以前、このブログでも紹介させていただいた魔女のオイル。

 

katrinka.hatenadiary.com

 

これにレモングラスとミントを気持ち多めに足して、塗布をする。

 

・・・・まあ即効性はありません。

 

ないけど、

なにもしないよりはマシ?

 

 

今回もしばらく様子見してみます。

なんでもかんでも化学的な薬に頼るよりも、

自然治癒力を促してくれる(と信じてる)精油に今回も頼ってみる。

 

人には勧めないケド。

(やっぱり病院は必要)

 

 

お金が手に入ったら病院には行かなきゃね。

 

でもこうして精油をいじくりまわして楽しいのも事実。

 

今週は風邪気味でしたが、結局エキナセアカモミールのジンジャーハニーティーで治しました!!

(初日の熱37・6度、喉痛、鼻水少々⇨2日目にはほぼ完治!! やっぱりエキナセアすごい!!)

 

こう考えると、市販薬がいいのか、病院での処方箋か、はたまたハーブとアロマか・・・

 

コスパがいいのはもちろん医者の処方箋。

ハーブやアロマは何気に値がはるものもある。

市販薬は効かないし高い。

 

それを考えるとハーブやアロマは少々貧乏人には贅沢な治療なのかしら?

とは言え、今一通り必要なハーブや精油を持っているので、

ほとんどコストはかからないから、まあいいのかな?

 

日本では「魔女」するのも、お金がかかるのだ。

(好きだから投資も苦にならないけど)